2010年04月27日

「Steins;Gate」クリスティーナのタイムトラベル解説における単純な間違い(ネタバレ無し)

Steins;Gate がPC移植されるそうです。
移植おめでとうございます。より多くの人にやって欲しいゲームです。
ただ、移植するに当たって修正したほうがいいんじゃないかという点があったのでつっこんでみました。
ネタバレは特にありません。(XBOX360体験版の範囲です。)
特に専門的知識も必要ありません。
STEINS;GATE

間違いがあるのは1章でクリスがタイムマシンをテーマに講演をするシーンです。。
その中に「LA(ロサンゼルス)のワームホール出口を光速で往復させて…」という具体例が出てきます。
クリスは言います。
「秋葉原の穴に入ってLAに出た後、LAの穴に入れば過去の秋葉原に出られる」と。
ここの部分が間違いです。
LAの出入り口に入れば数年前の秋葉原の出入り口に出られるというのは間違っていません。
ただ、秋葉原の出入り口に入った場合には数年後のLAに行ってしまうので説明は間違っているのです。
具体例を用いて説明します。

前提
●2000年に秋葉原とLAを結ぶワームホールを作成。
 2000年の地球に2000年秋葉原の出入り口と2000年LAの出入り口が誕生する。
●LAの出入り口を2年間、光速で移動させる。
 LAの時間で1年間遠ざけさせ1年間近づけさせる。
 光速で動くと時間は遅れるのでLAで2年経つ間に秋葉原は10年経過
●2010年の地球に2010年秋葉原の出入り口と2002年LAの出入り口が揃う。
 それ以降、双方の出入り口を動かす予定はないとする。


ここで過去へのタイムトラベルをしたいなら秋葉原の出入り口に飛び込んではいけません。
秋葉原の出入り口に飛び込んで行き着くのは2018年の地球にある2010年LAの出入り口だからです。
2018年の地球に行けるのでつまり未来へのタイムトラベルになります。
行った後にLAの出入り口に入っても帰ってこれるのはあくまで2010年の秋葉原です。

2010年より過去へタイムトラベルしたいなら飛行機でLAまで行って2002年LAの出入り口に飛び込まなくてはいけません。
LAの出入り口に飛び込めば2002年地球にある2002年秋葉原の出入り口に出られるからです。

そもそも片方の出入り口を「往復」させる理由は物理的な距離を縮めて光速で移動してきた出入り口に飛び込めるようにするためなのです。
それなのに秋葉原の出入り口に入ってLAに行き、またLAの出入り口に入って過去の秋葉原に行くという説明は間違いでしかありません。
目的を考えれば両方の出入り口はどちらも秋葉原に集めるのが望ましいでしょう。
(ちなみにこの理論ではタイムマシンを作る前にはタイムトラベル出来ません)

頭脳明晰なクリスティーナにこんな間違いをされるとへっぽこ脳は混乱します。
いくら考えてもクリスの言ってることが正しいと納得できないからです。
こういう間違いは不毛な頭脳の働きを要求するので自重して欲しいと思います。

参考文献:ニュートン2008年3月号 「ブラックホールホワイトホール」
Newton (ニュートン) 2008年 03月号 [雑誌]ブラックホールホワイトホール―正反対の顔をもつ「時空の二つの穴」 (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)

追記
自分のXBOX360はゲームプレイ後にお亡くなりになりました。
修理に出して返ってきていますが、箱に入ったまま放置してあります。
記憶で書いてある部分がありますが、ご了承ください。
タグ:考察
posted by dakuryu at 20:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 考察

2010年04月02日

初心者向け 至高のエロゲデモ特集

魔界天使ジブリール4のデモムービーが公開されました。
渡辺明夫さんがURAさんとタッグを組むとかどれだけ豪華なんでしょう。
これを機会に「エロゲデモはすごいよ」ということを喧伝したい気分です。
というわけで、初心者向けに全力でエロゲデモをまとめてみました。
もしかすると見たことあるムービーばっかりかもしれませんがご容赦ください。
画質が気になる場合拡大して360pを480pに変更すると綺麗に見られます。


2010 魔界天使ジブリール4より
OPアニメーション:渡辺明夫さん ムービー制作:URAさん
というわけでお二方の作品から紹介します。


2005 魔界天使ジブリール -episode2- より

2003[2002] ぽぽたんDVDより
ぽよよんろっく(渡辺明夫)さんの作品から。(渡辺明夫 - Wikipedia
「2008 魔界天使ジブリール -episode3- OP」も担当してます。
ぽぽたん は「ウッーウッーウマウマ」で一躍有名になりました。


2005 いただきじゃんがりあんRより

2004 まじれす!!〜お待たせリトルウィング〜より
URAさんの作品から。(過去記事
いただきじゃんがりあんR はたくさんMADが作られています。
「2009 トロピカルKISS OP」で久しぶりに名前を見ることが出来ました。


2006 ef - the first tale.より

2004 はるのあしおとより

2002 Wind −a breath of heart−より
新海誠さんの作品から。追加シーン有るものはPS2版。(新海誠 - Wikipedia
フルアニメーションでさらに…という感じで別格扱いした方がいいのかもしれません。
Windムービーの夕焼けシーンの影響は甚大です。


2004 CARNIVALより
OPで世界観を形成しています。本編との雰囲気の違いからOP詐欺と呼ばれています。
倉嶋丈康(まっぴーらっく.)さんが担当(倉嶋丈康 - Wikipedia


2006 あるとより
エロゲブランドでもあるJellyfishさんの作品。橋本みゆきさんの歌が良い。
「2005 AYAKASHI OP」や「2010予定 sisters〜夏の最後の日〜 Trailer」もおすすめ。


2006 ふぃぎゅ@メイトより

2007 ふぃぎゅ@謝肉祭より
電波曲を使ったノリと勢いで魅せるデモです。アニメ部分はご愛敬。



2008 スマガより
それまでのエロゲデモにないポップさを感じるおしゃれなエロゲムービー。
「2009 スマガスペシャル OP」もいい感じです。


2004 友達以上恋人未満より
打って変わってエロゲをアニメ化したらかくあるべしというOPアニメです。
Studio Mebiusではシャフト新房さん参加の「2005 THE GOD OF DEATH OP」もおすすめ。


2007 E×Eより

2008 夏空カナタより
ゆずソフトは作品の設定にだいぶ幅があるんですが、ムービーみれば雰囲気分かります。
「2006 ぶらばん! OP」や「2009 天神乱漫 OP」も特色出てますよ。


2009 聖剣のフェアリースより
ポップでキュートだけでなく、かなり詰め込んでる濃密な作品。。(ムービー担当過去記事
Littlewitchはムービーに力を入れていた会社でした。
「2002 白詰草話 OP」「2010 シュガーコートフリークス OP」「2007 ロンド・リーフレット デモ
「2006 リトルウィッチファンディスク デモ」など。


2003 プレゼンスより
本編は33秒から。とても荒削りですがとても魅力的に感じるのです。
CLOCKUPも力入れてるブランドです。

2006 Sentinelより
Point Pictures制作では「2010 PARA-SOL OP」もおすすめ。


2007 こいびとどうしですることぜんぶより
matsuNeさんの作品。ロゴデザインもやっています。(過去記事
個性がありすぎてもう一つデモムービーが用意されることも多いみたいです。
「2007 天使のたまご デモ」はかなり凝った作品です。


2008 殻ノ少女より
癸乙夜さんの作品。
担当するブランドによってだいぶ色が違います。
「2010 素晴らしき日々 OP」は似てますが「2010 ねこ☆こい! OP」は全然違う。
「2010 アッチむいて恋 OP」もおすすめ。歌にも恵まれてる感じです。


2005 恋ももより

2010 こんそめ! 〜combination somebody〜より

2009 ましろ色シンフォニー -Love is Pure White-より
神月社さんの作品。エロゲデモといえばこの人です。2番目はえんさんとの合作。
テンプレートとしては「2005 Nursery Rhyme OP(通称きしめん)」が有名。
「2010 ぐらタンOP ダブルリーチ」や「2010 暁の護衛〜罪深き終末論〜 OP」もおすすめ。


まだまだ紹介しきれませんがこのあたりで。
好みのエロゲデモを探すにはムービー制作者で絞る方法とブランドで絞る方法があります。
気合入ったムービーがあるブランドは他の作品でも力を入れてる場合が多いです。
例えムービー制作者さんが違っても力の入れ具合はそれほど変わりません。

「2009 eden* They were only two, on the planet.」より

新作についてはGetchu.comにムービーがあることが多く、すぐ内容が確認できます。
ムービーが気に入ったら購入も検討してみてくださいませ。
ジブリール4にはOPムービーフィルムしおりが封入されるそうです。
魔界天使ジブリール4
タグ:ムービー
posted by dakuryu at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ムービー